アップル社のパソコンにwindows11をインストールする方法

50 2021-08-06 07:37

アップル社のパソコンにwindows11をインストールする方法
MACコンピュータを購入したいが、システムが自分に合わないのではないか、いつも使っているプログラムがMACでは使えないのではないかと心配している人もいるだろう。 また、Appleユーザーの中にはWindows 11アプリケーションを使う必要がある人も多く、Parallels Desktop、VMware Fusion、VirtualBoxなどの仮想マシンソリューションを利用するのが最も便利だと思われる。 これによりパフォーマンスが低下しますが、多くの人にとっては、再起動せずにプログラムを実行できるという利便性がそれを補って余りあるものです。

  ただし、ゲームは例外です。 ほとんどのMacには一流のグラフィックプロセッサが搭載されておらず、Windowsデバイスとは比較にならないため、仮想化ソリューションを使用した場合、3Dパフォーマンスは完全ではないにしても著しく低下します(VirtualBoxを使用した場合)。

  Boot Campを使ってMacにWindowsをインストールすると、AppleのWindowsドライバに頼ってすべてを正しく動作させることができます。 問題は、AppleがWindowsのドライバーの更新にあまり積極的でないことです。 Windowsの新バージョンが発売されると、この問題は倍増します。Windows 7のBoot Campサポートは約3カ月間続きましたが、今度はWin 11でも同様の状況が発生しています。 技術系の報道機関であるArstechnica.comは、これに強い不満を抱いています。

  公式サポートなんてくそくらえ! 2011年モデルのiMacと2010年モデルのMacBook AirにWindows 11をインストールして、一体何が起こるのか見てみましょう Appleがドライバをアップデートするのをじっと待っているのが苦手な方のために、私たちのインストールノートをご紹介します。

  インストールの流れ

  Cougar版にBoot Campをインストールするには、以下のものが必要です。

  1.Cougarに対応したMacで、20GB以上のディスク容量があること(もちろん多い方が良い)。

  2.Win 11またはWin 11 Proのプロダクトキー。 64ビット版のWindowsを使用していることを想定しています。

  3.お使いのMacに光学ドライブがある場合、またはMacBook Airの2011年以前のモデルをお使いの場合は、Win 11のインストールDVDも必要です(それ以前のAirの場合は、外付けの光学ドライブも必要です)。

  4.2011年または2012年のMacBook Air、または光学ドライブを搭載していないMacをお使いの場合は、外付けの光学ドライブとWin 11のインストールDVD、または4GB以上のUSBメモリとWindows 11のISOファイルが必要です。

  5.FAT形式の外付けハードドライブ、またはWindowsドライバファイルを保存するための空のCDまたはDVD。

  これらの準備ができたら、スポットライト(またはアプリケーション→ユーティリティ)からBoot Campアシスタントを起動します。Boot Campアシスタントは、Windowsインストール用にドライブを分割し、必要なドライバーファイルを外付けハードドライブにダウンロードし、(光学ドライブを搭載していないMacBook Air、Retina、iMacコンピュータの場合は MacBook Pro、iMacコンピュータ、Mac Mini)は、ISOファイルからWindows USBインストーラーを作成します。

  図:Boot Camp AssistantによるWindowsドライバのダウンロード。

  しかし、古いMacをお使いの方には、次のような問題があります。インストーラーの動作には、WindowsのインストールDVDも必要ですし、USBドライブを作成するという選択肢がないだけで、光学ドライブがあれば、他の方法を選ぶことはできません。 奇妙なことに、これはMacBook Airの2010年、2009年、20011年モデルにも当てはまりますが、これらのモデルには光学ドライブが搭載されていなかったため、オーナーはこれ以上続ける前に外付けの光学ドライブを入手する必要がありました。

  ドライブをフォーマットした後、Boot Campアシスタントにコンピュータを再起動させてもらい、新しく作成したBoot CampパーティションにWindowsをインストールします。 また、Boot CampのパーティションをNTFSでフォーマットしますが、削除しないように注意してください。削除するとパーティションが破壊され、最初からやり直す必要があります。

  Windowsのインストール作業は簡単で、プロダクトキーを入力し、ユーザーアカウントを作成すれば、難しい作業は終わりです。 "スタート "画面が表示されたら、Windowsサポートファイルの入った外付けハードディスクを挿入して開き、setup.exeを実行します。

  図:Boot Campサポートソフトウェアのインストール

  Boot Campのインストールプロセスは何の問題もありません。セットアップのデフォルトをすべて受け入れ、AppleのすべてのドライバソフトウェアとApple Software Updateがインストールされるのを待ち、再起動を促すメッセージが表示されたら再起動します。 をクリックすると、再起動を促すメッセージが表示されます。

  幸いなことに、これは多くのApple Boot Campプログラムにも当てはまり、MacのHFSフォーマットされたパーティションへの読み取り専用のアクセスも含まれます。 Boot Campのコントロールパネルでは、OS Xと同様に、デフォルトのブートパーティションの選択やその他のシステム設定を行うことができます。

  オーバーレイグラフィックスの一部が動作しない、FileVaultで暗号化されたボリュームにアクセスできないなど、細かい問題はありますが、Win 11をインストールしてもシステムレベルの大きな問題は発生しません。

  図:Windows 11では、一部のオーバーレイグラフィックスが動作しない。

  ドライバの問題

  特にゲーマーにとっての最大の問題は、ドライバーにあります。 お使いのMacのモデルによっては、追加のドライバを探してインストールする必要があります。2009年および2010年モデルのMacの一部にはNVIDIAチップセットが搭載されており、別途チップセットドライバをダウンロードする必要があります。

  写真:このMacBook AirのNVIDIAチップセットには、いくつかのドライバが不足していますが、これは簡単に修正できます。

  boot camp 4.0ソフトウェアは2011年夏に導入されて以来、更新されていないため、ドライバーのバージョンが古すぎることがあります。

  図:ドライバーのバージョンが非常に古い可能性があります

  しかし、数回クリックするだけで、新しいドライバーを入手することができます。AppleのPC用グラフィックチップは標準的なものなので、PC用の標準的なドライバーを使用します。 以下の表は、各Macで使用されているグラフィックチップとそのドライバ、注意点をまとめたものです。 すべてのドライバーは64ビット版のWindows 11に対応しています。

  Retina対応

  一部のMacBook ProにはRetinaディスプレイが搭載されています。 15インチのRetina MacBook ProにWindows 7をインストールしてみたところ、200%のスケーリングは良くも悪くも混在していました。 でも、Win11は改善されているはずですよね。

  Win 7にあった問題はまだ残っていて、アイコンやテキストが目を引くものもあれば、他のグラフィック(マウスポインタを含む)がきついものもあります。そして最大の問題は、やはりムラです。プログラムによって大きく異なりますが、あるプログラムは非常によく見えますが、他のプログラムは非常によく見えます。 -あるものはとてもよく見え、あるものはめちゃくちゃです(ズーム設定をまったく無視するものもあります)。

  メトロのアプリは全体的に少し良くなっています。 Win11に搭載されている「メール」や「カレンダー」、「New York Times」や「Kindle」など、いつも使っているアプリはどれもよくズームします。 しかし、すべてではありません。例えば、ChromeのMetroバージョンでは、ズームインがうまくいきません。

  図:スタート画面には別のズーム設定があり、スタート→コントロールパネル→イージーアクセスで「画面上のすべてを大きくする」をオンにする必要があります。

  図:ほとんどのMetroアプリのパフォーマンスは良好だが、Chromeなどのアプリにはまだ問題がある。

  結論:公式サポートは必要ない

  Macは様々な構成を持っているので、一概には言えません。 しかし、全体的に見て、MacでWin 11を動かすことに大きな問題はないはずです。 正式なサポートはもっと良くなるでしょうが、今からアップグレードしても大きな問題はありません。

 

·